あがろぐ

生活の中で困ったちょっとしたことの足掻き

ビデオカメラで撮った動画をブルーレイディスクに焼く

ビデオカメラで撮った動画をブルーレイに焼いて欲しいとSDカードのみ渡されたので、その時の手順です。
ビデオカメラによって若干フォルダの構造等が違うかもしれませが大まかな手順は同じだと思います。

使用ソフト

① Toast Titanium15+ブルーレイプラグイン

ブルーレイへの書き込みソフト※ブルーレイへの書き込みは別途プラグインの購入が必要です。
(2018/02/02時点で最新バージョンではありませんが、手順等あまり差異は、ないかと思います)

fmono.hatenablog.com

 

② Caffeine for Mac

Macを一時的にスリープさせないようにするソフトです。
書き込み時スリープに入って書き込みが失敗しないようにします。
↓↓↓使用方法、ダウンロード等は下記リンクを参照して下さい。

Macを一時的にスリープさせないようにするアプリ「Caffeine」の使い方 | 経験知 

手順

① Toast Titaniumを起動してビデオBlu-rayビデオを開きます。f:id:fmono:20180202002521p:plain

 

 ② SDカードを開く

SDカードをカードリーダー・スロットに挿入するとデスクトップに表示されるので開きます。(このSDカードは「NO NAME」という名前で表示されています)
SDカード内のフォルダを辿っていきます。(「private」というフォルダがあったので開きます)

f:id:fmono:20180202003257p:plain

AVCHDというファイルを右クリックしてメニューの中からパッケージ内容を表示を選択します。

f:id:fmono:20180202004605p:plain

④ BDMVというファイルを右クリックしてメニューの中からパッケージ内容を表示を選択します。

f:id:fmono:20180202005039p:plain

⑤ STREAMというフォルダ内に動画ファイルがあります。

動画ファイルをToast Titaniumにドラッグ&ドロップで追加します。
(今回は全ての動画を焼くのでフォルダごと追加しました)

f:id:fmono:20180202005332p:plain

⑥ Caffeine for Macを有効化しておきます。

アイコンをクリックするだけです。コーヒーが入って湯気が出ればOK

f:id:fmono:20180202005915p:plain

⑦ ディスクのタイトル必要枚数を入力して書き込みボタンを押します。

今回はメニューなしにしていますがメニューが必要なら右側のメニュースタイルから変更しておきます。

f:id:fmono:20180202010442p:plain

⑧ あとは焼き上がるのを待つだけです。

終わったらCaffeine for Macを無効化しておきます。
空のカップになればOK

f:id:fmono:20180202005915p:plain